Spamhausの脅威インテリジェンスを活用して、
メールのリスクを自動判定

メールレピュテーション(Spamhaus Technology)

メールサーバ環境とSpamhausの脅威インテリジェンスを連携させ、スパムメール対策を抜本的に強化できます。セキュリティリスクに発展する可能性のある危険なメールなのか、安全なメールなのか高精度で判定。ウイルスメール、フィッシングメール、スパムメール、そして標的型メールなど、危険なメールの侵入をブロックします。

※メールレピュテーションの基本概念図

メールレピュテーションサービス基本概念図│Spamhaus脅威インテリジェンス│東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
  • スパムメールを高精度で判定。
    ISP事業者のスパムメール対策に最適

    海外のISP事業者様で多数導入されている、メールセキュリティサービスです。Spamhausの脅威インテリジェンスを活用しながら、メールのリスクを判定。セキュリティリスクに発展する可能性のあるフィッシングメールや標的型メールなどのネットワークへの侵入を防止できます。

  • メールのリスクを
    Spamhausの脅威インテリジェンスに照会

    個々のメール情報を、メールサーバからSpamhausの脅威インテリジェンスに照会。実際のサーバ受信前に、メールに潜むリスクを高精度で判定できます。危険なドメインやIPが含まれているメールはブロックして、メールサーバに保存させないセキュアなメール受信フローを整備できます。

  • Spamhausの脅威インテリジェンスは
    リアルタイムに更新

    Spamhausの脅威インテリジェンスは、リアルタイム性が世界のISP事業者様で評価されています。世界90カ国以上から収集された脅威データは、最短60秒毎に更新。メールのリスク判定フィルターとして最適なデータです。

  • スパムメールによる
    メールサーバの負荷を大幅に軽減

    スパムメールが実際に届く前にブロックできるため、膨大なスパムメールが原因となっていたメールサーバの負荷を大幅に軽減できます。トラフィック、ストレージの双方で軽減効果を期待できます。長期の継続利用で、大幅なコスト削減を見込めます。

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。