世界中で採用されている、
セキュリティインテリジェンス

Spamhaus Technology
リアルタイム脅威データ

東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニーは、PIPELINE Security社と連携して、Spamhaus Technologyのリアルタイム脅威データを日本国内のお客様に提供しています。脅威データの活用はISP事業者やクラウド事業者、エンタープライズでも導入が進んでおり、メールやDNS、加入者の保護で高い効果を発揮します。

Spamhaus脅威インテリジェンス採用企業│Spamhaus│東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
  • Spamhaus Projectと、
    Spamhaus Technologyの関係とは?

    世界で高評価を得ているRBL(Realtime Black List)を提供している、NPO(非営利組織)です。そのデータ・セットは24時間365日、最短60秒毎に常時更新。現在、全世界で30億を超えるメールアドレスを、スパムメールから保護するために有効活用されています。Spamhaus Projectによって開発されたリアルタイム脅威インテリジェンスを提供する企業が、Spamhaus Technologyです。

  • 各国の政府機関や法執行機関が信頼する
    脅威インテリジェンス

    Spamhaus Projectの脅威インテリジェンスは、世界各国の政府機関や法執行機関、セキュリティベンダ、そしてコンピュータセキュリティインシデント対応チームと共有されています。すでに20年以上にわたって高い信頼性を獲得している、世界標準のインテリジェンスです。

  • ICANNと連携している唯一の機関。
    脅威データの信頼性と即時性を確保

    Spamhausは、ドメイン名やIPアドレスなどアドレス資源を管理する組織のICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbersの略称)と連携。ICANNと連携している、世界で唯一の機関です。こうした関係性により、Spamhausの脅威インテリジェンスはリアルタイム性と正確性を確保し、ゼロレピュテーションデータを提供可能です。

  • あらゆるセキュリティ脅威をカバーする
    Spamhausの脅威インテリジェンス

    様々なセキュリティ脅威に対応しています。スパムメールはもちろん、マルウエア、フィッシング、エクスプロイト、脆弱性、ワーム、トロ―ジャン、クリプトマイナー、クリプトジャッカー、ボットネット、Tor、エグジット、ノードなどを網羅しています。漏れの無い、全方位データとして活用できます。

Spamhausのリアルタイム脅威データを活用したセキュリティサービス

    • DNSファイアウォール
      DNSセキュリティ│Spamhaus脅威インテリジェンス│東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
      DNSサーバと脅威データを連携させた、DNSセキュリティサービスです。
    • メールレピュテーション
      メールレピュテーション│Spamhaus脅威インテリジェンス│東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
      海外のISP事業者様で導入されている、メールセキュリティサービスです。

Spamhausリアルタイム脅威データに関する
よくあるご質問と回答

  • Spamhausのリアルタイム脅威データと、他社の脅威インテリジェンスとの違いを教えてください。
    Spamhausのリアルタイム脅威データは、下記3点の特長を有します。
    ・False Positive(誤検知)ゼロ
    ・アクティブな脅威のみ提供
    ・リアルタイム性の追求
  • Spamhausのリアルタイム脅威データの更新頻度を教えてください。
    Spamhausのリアルタイム脅威データは、最短で60秒に1回更新されます。
    ISP事業者のスパムメール対策に最適な脅威インテリジェンスです。
  • 現在、他社のRBLを活用しています。Spamhausのリアルタイム脅威インテリジェンスとの共存は可能でしょうか。
    可能です。TOYOクラウドサービスと連携して、御社所有の情報とマージさせることも可能です。
  • Spamhausの脅威インテリジェンスでは、具体的にどのようなリストとデータが提供されるのでしょうか。
    ボットネット、C2サーバ、フィッシングサイト、マルウェア投下サイト、ゼロデイ情報、クリプトマイニングなど、さまざまな角度での脅威データが提供されます。
  • Spamhausのデータでは、スパムメールの送信元IPアドレスや悪意があると考えられるドメイン名が特定されていますか?
    はい。テキストデータとして開示することも可能です。
  • Spamhausの脅威インテリジェンスの採用が適している業種などはありますか?
    幅広い業種で利用されています。OEM提供だけでなく、サービスプロバイダの付加価値サービスとてしても多く利用されています。
  • Spamhausの脅威インテリジェンスを採用するにあたって、弊社の環境内に新たにサーバの設置などが必要になりますか?
    Query形式を選択することで、サーバ等の設置は不要となります。
  • Spamhausのリアルタイム脅威データの採用にあたって、FirewallやDNSサーバなど、既存のネットワーク環境の変更が必要になりますか?
    多くの場合、数行のコマンドで主要製品との連携が可能です。設定の変更が必要な場合でも、既存環境の有する設定の範囲で対応が可能です。
  • 利用申込から本稼動までの大体の必要期間を教えてください。
    諸手続きを考慮して、約3週間程度とお考えください。
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。