Open Caching(オープンキャッシング)概念図|Qwilt |東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
ISP事業者とコンテンツ事業者が協創する、
新たなコンテンツ配信システム

Qwilt
Open Caching ソリューション

Open Caching (オープンキャッシング)は、現在急速に導入が進んでいる注目のコンテンツ配信技術です。
ISP事業者は、Open Cachingを活用することで独自の動画コンテンツ配信システムを構築できます。トランジットの削減によるコスト改善、そしてエンドユーザにはラスト1マイルの通信品質の改善を期待できます。
  • コンテンツ配信の新たなモデルを提唱する、
    QwiltのOpen Cachingシステム。
    Qwilt社は、Open Caching(オープンキャッシング)と呼ばれる技術を利用し、インターネットサービスプロバイダとコンテンツプロバイダの双方にとって最適なコンテンツデリバリーシステムを提供します。ISPに設置されているOpen Caching対応サーバを、コンテンツ配信のための共用サーバとして利用でき、ISPとCPどちらにとっても有益なエコシステムを構築します。
    Open CachingはStreaming Video Alliance(SVA)という米国の業界団体によって提唱されている仕組みであり、Qwilt社はSVAの創設メンバとしてOpen Cachingを推奨しています。
  • ※QwiltのOpen Cachingソリューションを活用した動画コンテンツ配信の仕組み
    Open Caching(オープンキャッシング)概念図|Qwilt |東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】
  • 世界のT1プロバイダもQwiltのOpen Cachingを採用。
    トラフィック急増に直面しているISP事業者に最適な導入効果。
    世界有数の通信事業者もQwiltのOpen Cachingシステムを採用しています。
    • 1)トランジットコストの削減
    • 2)OTTビデオトラフィック削減によるネットワークの安定
    • 3)トラフィック対策コスト削減
    • 4)QoE改善(高品質ストリーミングエクスペリエンス)
    など、ISPのネットワーク全域に導入効果を期待できます。
  • Open Caching(オープンキャッシング)の導入効果|Qwilt |東陽テクニカ セキュリティ&ラボカンパニー【公式】

※記載されている社名・ロゴは各社の商標及び登録商標です。各社の商標及び登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。